FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で異例の4人受章 断交後初の皇居での伝達式も 春の叙勲

台湾で異例の4人受章 断交後初の皇居での伝達式も 春の叙勲
2012.4.30 16:52
 政府が29日付で発表した平成24年春の叙勲の受章者のうち、外国人叙勲受章者では、台湾から異例の4人の受章が発表された。東日本大震災の被災地に個人で10億円もの義援金を贈った張栄発(ちょう・えいはつ)・長栄集団(エバーグリーングループ)総裁(84)ら2人は旭日重光章を受章。5月8日に皇居で野田佳彦首相から授与される勲章伝達式に、日台断交以来初めて台湾から出席する見通しだ。

 旭日重光章を受章したのは張氏と、辜濂松(こ・れんしょう)・台日商務交流協進会理事長(78)。

 推薦にあたった日本の対台湾交流窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)によると、張氏は海運、造船、航空業を通じた日本経済の発展や日台関係強化で、また辜氏は日台間の経済関係強化や交流促進に寄与した。

 台湾での受章は、1972年(昭和47年)の日中国交正常化に伴う日台の断交以降は途絶え、2005年春から再開。昨秋までに12人が受章しているが、一度に4人の受章は初めて。

 今回は各国・地域の中で最多の米国(11人)に次ぐ人数で、昨年の東日本大震災発生以降、手厚い対日支援を展開した台湾への政府の配慮をうかがわせた。

 また、従来は旭日中綬章が最高位で、台北事務所などで代表(大使)らから授与されていたが、今回の旭日重光章の2氏は皇居での伝達式の対象者で、張氏はすでに出席の意向という。(台北 吉村剛史)




みなさん、もっと目を開けましょう。

台湾くらいだよ、日本を慕ってくれる国は。

もっと大事につきあってほしいもんだ。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/68-45385ca3

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。