FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄型テレビ一段安、40型3万円台 5年で4分の1

薄型テレビ一段安、40型3万円台 5年で4分の1
2012/2/17 21:00日本経済新聞 

 薄型テレビの値下げが家電量販店で一段と進んでいる。東京都心の一部店舗では40型の大画面で実質価格3万円台の機種が登場。画面サイズ1インチ当たりで初めて1000円を切り、5年前の4分の1まで下落した。昨年7月の地上デジタル放送への移行後、需要は想定以上に落ち込み、全国でも1月の平均単価が過去最安値を更新した。

 17日に都心の複数の店舗で割引ポイントを引いた実質価格を調べた。東京・池袋のヤマダ電機の店舗では、ソニーの「ブラビアKDL―40EX500」、東芝の「レグザ40AS2」がともに3万9800円だった。昨年10月からの下げ幅は5000円以上で、1インチ当たりでは995円。32型も値下げが進み、東京・池袋のビックカメラなどではシャープの「アクオスLC―32E9」が2万3220円だった。

 調査会社BCN(東京・千代田)によると、1月の全国の平均単価は4万3800円(税抜き)で前年同月比31%安。とりわけ価格の低下が著しいのは集客の目玉になる32型と40型。下落率はともに4割前後にのぼる。

 価格急落の主因は「想定を上回る」(ケーズホールディングスの加藤修一会長)販売不振だ。家電量販大手は相次ぎ12年3月期の売上高を下方修正。最大手のヤマダ電機は「3月の期末に向けてポイント付与や現金値引きの拡大で需要を喚起する」(幹部)方針。競合他社も利益を削った値下げで対抗し、たたき売り状況になっている。





今計画中のリフォームで、もう一台テレビが必要になりそう、、 なので、
ちょっと近くの家電屋さんにテレビを見に行ってきた。

ほんと、この記事に書いてある通り、驚異的な安さだった。
ここに出ている値段からはちょっと高くなるけれど、55インチで18万円だって。

ちょっと前に、日本の家電、揃って歴史的な赤字計上、テレビ事業の建て直しが今後のカギ、、
とかの記事を思い出したのだけれど、
今更、建て直したからって、一旦下落した価格、、 まさか、高くして売れるわけでもなく、
また、高く売ろうと、新たな機能を盛り込んだとしても、、それほど値上げは期待できないだろう。
もしくは企業努力して、もっと安く売る、もしくは、この値段で売っても利益が出るような仕組みを作る、、

建て直しじゃなくて、総倒れになるまえに、撤退を考えた方がいいんじゃないかね。

そういえば、その昔、日本の家電メーカーが進出してくる前のアメリカには
RCAを始めに、ZENITH、MAGNAVOX、GE、EMERSON、とかのテレビメーカーがあったんですが、、

さて、このうち何社、今もテレビ作ってるとおもいますか?
(というより、何社、今も存続していますか、、、の質問にした方がいいかもしれない。)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/51-0b7809bd

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。