FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンU香川 日本企業に守られて3季目も“飼い殺し”必至

マンU香川 日本企業に守られて3季目も“飼い殺し”必至
日刊ゲンダイ7月18日(金)15時19分配信


 日本代表FW香川真司(25)が所属先のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に合流するために17日、日本を離れた。羽田空港で報道陣に囲まれた香川。1次リーグ敗退に終わったブラジルW杯について聞かれると、「人生で一番悔しかった」と渋面を浮かべ、W杯でオランダを3位に導いた名将ファンハール新監督の下で迎える新シーズンに向け、「結果をつかみ取るのは自分次第。強い意欲がある」と意気込んだ。

 香川たちマンU選手は18日、米国に移動して24日から北米各地で開催される国際親善大会ギネス杯(~8月4日)に参加する。大会にはMF本田圭佑(28)が所属するミラン、DF長友佑都(27)がプレーするインテル以外にレアル・マドリードなど欧州の強豪8クラブが参加。「当落線上の選手がシビアに査定される」(マスコミ関係者)ともっぱらである。

「昨シーズン7位に低迷してELの出場権さえも失ったマンUは、ファンハールの意向に沿った大掛かりな戦力補強を考えており、ギネス杯で立場の微妙な選手の見極めが行われる。香川、DFスモーリング、MFのクレバリー、フレッチャー、FWのヤング、エルナンデスの当落線上の6人が厳しく査定され、ダメ選手の烙印を押されると大会後、放出リストに載せられる」(前出関係者)

■日清食品もパートナーシップ契約

 もっとも、この中で香川だけは“クビにはならない”といわれている。
 香川が離日する前日に大手食品メーカーの日清食品が、マンUとパートナーシップ契約(3年)を交わしたと発表。これまでヤンマー、関西ペイント、カゴメ、セイコーエプソンなどがスポンサー契約を締結。今回の日清食品が8社目の日本企業となった。マンUも“カネのなる木”香川をクビには出来ないのだ。

「来季の香川はベンチに入ったり、入らなかったりの繰り返し。日本のスポンサー企業の手前、時々は出番が回ってくるだろうが、リーグの下位クラブとの対戦やリーグ杯などでプレーするのが関の山。完全に飼い殺し生活を送ることになるでしょう」(前出関係者)

 香川はマンU2年目の昨シーズン、リーグ戦18試合出場にとどまり、ゴール数0はプロになって初の屈辱だった。マンUでの3シーズン目はもっと悲惨な結果を迎える可能性大なのである――。

日刊ゲンダイ




サッカーするだけでも大変だろうに、、、

自分の実力以外にも、たくさん別のことにも気を使わなければ行けない、、、、


なぁんか、可哀想。。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/185-01f98191

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。