FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相靖国参拝で中国&韓国 実は大喜び!

安倍首相靖国参拝で中国&韓国 実は大喜び!
DAILY NOBORDER 12月27日(金)23時48分配信
 安倍晋三首相が26日、東京・九段下の靖国神社を参拝したことに対して、予想どおり中国、韓国が猛反発している。

 中国の程永華駐日大使が即座に外務省を訪れ、対応したい斎木昭隆事務次官に「極めて遺憾を覚える」などとする抗議を伝え、本国では王毅外相が木寺昌人駐中国大使を呼びつけ約40分にわたって強い抗議を行った。韓国も同様な反応だ。

 だが、こうした表向きの動きと裏腹に在京の中国消息筋は同日夜、DNBの取材にこう語った。
「安倍首相は我々の思惑通り動いてくれた。これで尖閣諸島もまた一歩、我々の手に近づいた……」

 理屈は極めて簡単だ。中国政府はこれまで安倍政権を「右傾化、軍国主義的」などと批判してきた。安倍氏が「誤解に基づく批判である」「中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたい」とどんなに抗弁しても、国際社会の常識では“首相の靖国参拝”は「戦犯の崇拝」「戦争の肯定」と捉えられてしまう。

 実は中国の狙いはそこにある。

 今回の参拝で、これまで“筋違い”との批判もあった中国の主張の正当性が裏付けられ、国際社会もそれを認めざるを得なくなる。とくに尖閣諸島については「仕掛けてきたのは日本側だ」との主張もできる。前出・王毅外相の「重大な結果の責任は日本がすべて負わなければならない」という言葉に裏には、そういう意味が含まれている。

 26日付の米ウォールストリートジャーナル紙は、「とかく日本を軍国主義だと騒いできた中国指導部にとって、靖国参拝は最高のプレゼントだ」とまで書いた。

 一方、反日姿勢を続ける韓国の朴槿恵大統領にとっても渡りに船だ。最近では韓国国内からも大統領の対日姿勢について批判の声が上がりつつあった。それも安倍氏の参拝で、一気に正当化されることになる。韓国の国防省は参拝を受けた27日、南スーダンのPKO活動で日本の自衛隊から提供を受けた銃弾は、補充が届けばすぐに返却すると表明した。

 靖国参拝で安倍氏の私的心情は満たされたが、代償で失われた国益は決して小さくない。




あ〜、、 ブログにこの件に関する記事を載せてしまった〜。。

だって「安倍さん、よくやった!」なぁんてこと以外のことを書くと、ブログ即炎上! なりかねないしね。
(って、そもそも、訪問する人がいないので、どうってことないんですけれど)

まあ、そんなこと書いてるくらいなので、、 僕自信は、、安倍首相の参拝は、よく思っておりません。

中国や韓国だって、(色々他の問題や、またこの件を過度に政治利用することはさておいて)
この靖国参拝自体を反対することだけであれば、それは理解できる。

一方、安倍さんの説明、、
東京裁判を否定したりして、A級戦犯を擁護しているとも思われかねない過去に発言していて、
A級戦犯が合祀されている靖国を参拝したあとに、
いくら「不戦の誓い」、、なんて説明されても、、、僕には理解できない。 
ぼくには「戦犯の崇拝」、、にしか思えない。
日本人の感情は、どれだけあほな指導者であっても、国のためを思ってやったことなのだから
死後はみんな仏様、、だからオーケー、、
なのかも知れないけれど、僕にはその発想は、、理解しがたい。

そういった意味で、いつもこの問題、、となると、韓国、中国の反応、、ばかりが取りざたされるのだけれど、
普通の日本人は、この件についてどう思っているのか、、は、疑問に思う。

一体、どれくらいの日本人の命が、この間抜けな指導者のために、失われたのか、、、

その時の国際情勢云々で、勝てない戦争に巻込まれたのはしょうがなかった、はともかくとしても、
やつらのメンツを守るために、わけのわからん精神論とかを口実に、
どれだけの兵士が、、言葉は悪いけれど、犬死にさせられるはめになったのか。
原爆だって非道な武器に間違いない。
だけど、原爆が落ちて天皇陛下が降伏を決断していなかったら、たとえ原爆でないにしても、
通常の無差別空襲で、降伏を決断するまで、あとどれだけの国民が犠牲になっていたのか。。
あの頃、最後の本土決戦に向けて、女性や子供もかり出され、銃なんてそもそもないので、
「竹槍」で訓練させられていたんですよ。
機関銃や火炎銃をもった米の兵隊を相手に「竹槍」で本土を守れ、、なんてことを女性に命じてた指導者、、
「永遠のゼロ」って本も読みましたけれど、たとえ全部本当のことではないにしても、、
もし、自分があの立場、あの時代に生きなければいけなかった、、なんてことを思うと、まじでぞっと思います。

彼ら(その頃の国の指導者)が、国や国民の事を思っていた????  かなり疑問。

もし自分の親族のだれかが、国の宗教かなにかよくわからないけど、
御霊は靖国に集まると信じ込まされ戦争に送り出されてたとしても、、
僕だったら、国民をこんな目に合わせた指導者と一緒に合祀なんてされたくないですよ。

まあ、それでも日本人は、靖国神社に参拝するのは当然で正しい行為、、であるのだとしたら、
僕の考え方は日本人的ではないのかもしれない。。

だけど、きっと、この考え方を理解してくれる外国の人、
中国人や韓国人をのぞいても、それほど多くはないと思う。




余録:「靖国とは国をやすらかにすることであるが」とは…
毎日新聞 2013年12月27日 00時26分(最終更新 12月27日 01時32分)

 「靖国とは国をやすらかにすることであるが」とは側近が記す昭和天皇の嘆きである。靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)への不満を示した言葉という。「この年のこの日にもまた靖国のみやしろのことにうれひはふかし」というお歌の解説にある▲昭和天皇が靖国参拝をやめたのはA級戦犯合祀への不快感からだったのは、近年元宮内庁長官のメモで明らかになった。神社と折衝した先の側近は「国を安らかにしようと奮戦した人を祭る神社に国を危うきに至らしめたとされた人を合祀する」違和感も言い残した▲「戦犯崇拝というのは誤解」。7年ぶりの首相の靖国参拝に踏み切った安倍晋三首相は予想される中国や韓国の反発、そして米国はじめ諸国の懸念にこう釈明した。第1次安倍政権で参拝できなかったのを「痛恨(つうこん)の極み」と述べていた首相には念願の参拝実現である▲むろん「尊い命を犠牲にされたご英霊(えいれい)に対して、哀悼(あいとう)の誠をささげる」という首相の気持ちにうそはあるまい。だが先の戦争の指導者をも祭る神社への首相参拝が国民全体を巻き込む激しい政治、外交的摩擦を呼び起こすのは首相自身が一番よく分かっていたはずだ▲中韓との関係改善は当分絶望的となり、北朝鮮が不安定化する東アジアにあって米国も失望を表明したこの参拝である。中韓国内の日本の理解者を含め国際社会での友人を増やさねばならない今、かつてのような日本の孤立を喜ぶ人々へ塩を送ってどうするつもりか▲一国の指導者の決断で重要なのはその心情の善悪ではない。決断の結果を自分らの運命として受け入れねばならない国民に対する責任感にほかならない。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/171-6046ee5a

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。