FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口:日本の人口、26万人減 生産年齢8000万人割る−−3月末時点

人口:日本の人口、26万人減 生産年齢8000万人割る−−3月末時点
毎日新聞 2013年08月29日 東京朝刊

 総務省は28日、住民基本台帳に基づく今年3月末時点の人口動態調査を発表した。全国の人口は、前年同期より26万6004人(0・21%)少ない1億2639万3679人。4年連続で減り、減少数・減少率とも過去最高となった。15〜64歳の「生産年齢人口」が1994年の調査開始以来初めて8000万人を割り込み、65歳以上の「老年人口」が初めて3000万人を超えた。

 出生者数は過去最低の102万9433人。死亡者数は125万5551人だったため「自然減」は22万6118人。過去最多だった前年同期の20万6572人を上回った。海外への転出者数が転入者数を上回るなどした場合の「社会減」は3万9886人となった。

 年齢別では0〜14歳の「年少人口」が1660万1643人(13・13%)。「生産年齢人口」は7895万7764人(62・47%)と過去最低になる一方、「老年人口」は3083万4268人(24・40%)と過去最高になった。世帯数は42万3269世帯増え、1世帯の平均人数は過去最低の2・32人(前年2・34人)となった。

 人口が減ったのは39道府県。最多は北海道(2万9909人)で、福島県(2万723人)、新潟県(1万6309人)と続いた。「社会減」の最多は福島県(1万971人)で、同省は「原発事故の影響が続いている可能性がある」と説明した。

 人口増は8都県。最も増えたのは東京都(5万8174人)で、愛知県(9840人)、神奈川県(6764人)と続いた。3大都市圏は6430万5988人と過去最高。全国の50・88%を占めたが名古屋圏は減少に転じ、関西圏も4年連続の減少だった。今回から調査対象となった定住外国人住民198万200人を合わせた人口は1億2837万3879人。【犬飼直幸】




これまた、日本のマスゴミの最大の疑問。

この現状をふまえて、、 
そして、このトレンドが反転するなんて見通しは皆無、
それどころか、ますますピッチが上がる、、というシナリオの中、


どう、この国で、持続性のある、マクロ的な経済成長が見込める、、と予想しているのか、皆目検討がつかない。


ますます、必然的な消費の必要のないジジイババア(私もその一人です。)が増えて、

税金をそれなりに払っているオヤジオバハン(私もその一人です)がますます減って、


政府が推進する経済成長戦略、、、
じゃなくて、どうソフトランディングに持っていくのか、、って、経済縮小戦略が必要だろう。


消費税を上げる、、 タイミングが遅い早い、、なんて、、いい加減に笑っちゃうよ。


そんなことしても、日本の借金の減少なんてまずない。
一時的に増えるピッチが緩むくらいだろう。


消費税上げて、かつ、あほな公共投資とか、ばらまきの生活保護、福祉予算、すべて一緒にカットでもしないと。



そんなこと、ほとんどのエコノミストだってわかっているんだけれど、
だれも言わない。


聞こえるのは、、みんなが聞きたい、消費税反対!  

せめて、消費税上げはやんなくていいから、、
「じゃあ、ばらまきも同時にやめましょう!」、、の一言でも言ってくれる人、一人でもいないもんかね。


そして、少子化対策、
みんなジジイババアになっても、国はいままでのように面倒みないんで、
これからは、みんな、ガキたくさん産んで、自分たちの子供にちゃんと面倒見てもらえるように、
円満な家庭を築いてください、、って、
それが、一番の少子化対策だよ。。



え? じゃ、だれが、僕の面倒みてくれるんだ!!   今の発言撤回!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/147-9054fcd6

Comment

Blackmore

汚染水も将来への借金も増える一方で、遅かれ早かれこの国は破綻するのでしょう。

こんな国で今、子供を産む人を僕は尊敬します。

ぼけ老人、寝たきり老人は難しい問題ですね。マクロ(そこらの汚い年寄り)とミクロ(自分の家族)で意見が変わってしまいます。

自分勝手な言い方ですが、あと30年だけ日本はどうにか持ってくれないですかね。
  • URL
  • 2013/09/02 07:14

bonzofire

Blackmoreさん。
この国で、子供を産む人は僕も、、尊敬します。
もちろん放射能の問題もありますし、
親の財産をあてに生活できる世代もそろそろ終わりでしょう。

まあ、私も後を看取ってくれる人がいませんので、
国のたよりには(それほど)ならないようにするので、
せめて、その日がくるまで、ハイパーインフレなどおこさないでくれ、、と願うかぎりです。
  • URL
  • 2013/09/03 00:01

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。