FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック最終赤字7650億円

パナソニック最終赤字7650億円 13年3月期
予想を下方修正 4~9月6851億円の赤字、改革費用かさむ
2012/10/31 15:13

 パナソニックが31日に発表した2012年4~9月期の連結決算(米国会計基準)は、最終損益が6851億円の赤字(前年同期は1361億円の赤字)だった。ソーラーや民生用リチウムイオン電池などで事業構造改革費用が発生し、赤字幅が拡大した。繰り延べ税金資産の取り崩しも響いた。

 固定費圧縮や事業構造改革の進展で採算が改善し、営業利益は前年同期比84%増の873億円だった。売上高は9%減の3兆6381億円。国内テレビ事業など映像関連機器が低迷した。

 4~9月期の配当(中間配当)は見送った。前年同期の実績は5円だった。

 2013年3月期の連結業績は最終損益が7650億円の赤字(前期は7721億円の赤字)になるもよう。年間配当計画はゼロ円とする。前期実績は10円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕





気の毒だけど、日本の家電業界が、いまのままの形態を維持して、立ち直ることはないんじゃないかな。。

シャープも、パナも、ソニーも、、 みんな同じ。

もう、いままでの規模で売れる商品なんかでてこないだろうし、
いくらラインを効率化して安価に物をつくったとしても、
作った物がすぐに壊れるわけでもないので、買い替え需要も期待するほどおこらない。
よって安価な物をつくれば、つくるほど自らのクビを絞めるだけ。

国内は人間がどんどん減って行くんだから、そもそも需要は先細るだけ、、
そんなところに、いくら経営努力して安価なものつくっても、、
 
海外だって、多機能が売りの日本の家電を欲している人は、既にマジョリティーじゃない。


いくらいまのような経営努力だけじゃ、所詮資本を食いつぶすまで赤字を垂れ流し続け、
なくなったところで、どこかの海外資本に、ど安値で拾われていくだけだろう。。


もはやいまや、更なる効率化、商品開発力、とかじゃなくて、
ある程度資本が残っている間に、いらない分野はどんどんダウンサイジングする、、  切り売りしちゃう。
そして、薄利多売、思想を転換し、逆に、ブランド価値がまだ残っている間に、
少なく売って、大きく儲ける、、に発想をシフトしないと。


とにかく、カネが残っているいまのうちにやっとかないと。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bonzoair.blog.fc2.com/tb.php/112-eb353551

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

bonzoair

Author:bonzoair
薄志弱行

COUNTER

Splush

TWITTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。